トラストの口コミや評判

公開日:2021/03/01  最終更新日:2021/03/02

【詳細】
会社名:株式会社TRUST
住所[本社]:東京都多摩市山王下1-12-12 福満ビル2F
TEL:0120-390-865

テレワークの普及により、各企業のオフィス見直しの動きが強くなっています。最小限のスペースでテレワークと両立させて企業運営を行うことで、固定費の削減を望むことが可能です。本記事では、オフィスデザインを得意としているトラストの特徴と提案について説明していきます。オフィスデザイン会社を探している方は、ぜひ参考にしてください。

オフィスデザインによって、働く人のやる気アップにつなげる

オフィスによって働く人の意欲が大きく変わると言われています。オフィスのデザインによって働く人に安心感を抱かせたり、モチベーションアップの向上に繋がったりなど、オフィスの快適さによって、会社全体の業績アップに繋がります。トラストでは、働く人のやる気がアップするオフィスづくりを実現しています。

空間づくり
オフィスデザインが働く人の意欲に影響を及ぼすのですが、オフィスのデザインを「おしゃれ」にすれば良いというわけではありません。実際、デザイン性を重視することで、見た目はおしゃれになりますが、仕事の効率が悪くなり逆効果となる場合があります。

おしゃれな空間が快適な空間ではありません。そのような場所では働く人の意欲を上げることはできず、会社全体の業績アップには繋がりません。そのため、各会社の働き方や効率、業務内容に合わせた空間づくりが大切となります。したがって、まずはどのような空間が自社に合っているのかを検討していくことが重要です。

空調管理
さらに、快適なオフィスデザインをしていくにあたり、空間づくりはもちろんですが、空調管理についても大切な要素となります。むしろ、空調はオフィスデザインの重要な役割を担っていると言えます。

日本は四季に応じて気温の変化があります。夏は暑くて、冬は寒い。また、花粉が多い春、ジメジメとした梅雨があったり、乾燥が激しい秋や冬があったりします。そのような四季による変化がある日本では空調管理がとても大切です。寒すぎず暑すぎないちょうど良い温度を均一的に持続できるかがポイントとなります。

たとえば、暑い夏ではエアコンをつけることで温度を下げることができますが、空調管理を誤ると、エアコンのせいで寒くなりすぎることがあります。また、寒い冬の場合も暖房によって室温を上げることはできますが、乾燥が強くなったり、温度変化によって体調がしんどくなったりすることもあります。したがって、一定した温度を維持することが重要なポイントとなります。

時代に合わせたオフィス縮小移転にも対応可能!

昨今、新型コロナウイルス感染症により、多くの企業がテレワークを導入しており、世界中で働き方の変遷が起こっております。そして、日本ではその動きは加速しており、経費として大きな率を占めている固定費を見直す企業が増えています。

そして、その固定費の大部分を占めているのが「オフィス」であり、オフィスの在り方を再検討する企業が多くなってきています。テレワークやリモートワークが普及しており、必要最低限のスペースと設備で業務を遂行すべく、限られたスペースでの運用が重要なポイントとなっており、多くの企業が意識し始めています。

しかし、自社ビルではない賃貸型のオフィスでは、原状復帰が一般的であり、退去の際に借りる前と同じ状態に戻す必要があります。原状復帰には撤去費用が解体費用などのコストがかかる上、移転先での初期費用や設備工事などにもコストがかかり、多くの費用がかかるのが一般的です。

しかし、トラストでは、原状復帰工事から移転先の物件探し、オフィスデザイン、さらに事務所引越しまでワンストップで対応することが可能となり、多くのコスト削減を目指す提案が可能となりました。

たとえば、現在のオフィスから必要最低限の面積で業務を実施するため、縮小移転を行う際、現在のオフィスの原状復帰工事が必要となります。その際、不要となったオフィス機器などの買い取りや廃棄も行っています。さらに、縮小移転先のオフィスに合わせた新しい設備や什器などの販売およびレンタルも行っているため、トータルで発生する費用を大幅に削減することが可能です。

昨今の状況に合わせた柔軟な対応こそが今後の会社経営に大きく影響し、テレワークを導入しつつ必要最低限のスペースと設備で固定費を抑えた経営を目指すことができます

社員同士のコミュニケーションが生まれるオフィスの実現

オフィスデザインを検討する上で業務効率や空調管理などを重要視することはもちろんですが、社員同士のコミュニケーションが生まれやすいオフィスを目指すことが理想的です。なぜなら、社員同士のコミュニケーションが取りづらい環境だと、業務情報の共有が捗らなかったり、連携が思うように上手くいかなかったりすることがあるからです。

また、ラフでインフォーマルな空間での会話だからこそ生まれる発想が業績アップに繋がることもあります。そのためには、社員同士がストレスを感じにくいリラックスできる空間づくりが非常に重要だと言えます。トラストでは、コミュニケーションスペースを新たに確保する場所が無いという物件でも、限られたスペースでコミュニケーションスペースを確保することが可能です。

たとえば、マグネットスペースの有効活用です。マグネットスペースとは給湯室やコピー機周りなど、社員が流動的ではあるものの自然と入ってくるスペースのことをいいます。そのマグネットスペースにスタンディングタイプの円卓を置いたり、ちょっとしたホワイトボードをかけていたりするだけで、社員同士のコミュニケーションスペースを確保することができます。

そういった空間づくりも全体とのトータルバランスから生まれるため、トラストでは、空間づくりや空調管理、さらに社員同士のコミュニケーションスペースの確保のすべてに対応することが特徴です。

 

日本国内だけでなく世界中でテレワークが普及し、働き方が大きく変わろうとしています。テレワークを導入し、必要最低限のオフィス空間を実現することで、毎月の固定費を大幅に削減することができます。

しかし、現在のオフィスから引越しをする際、原状復帰費用や移転費用などのコストがかかってしまうことが一般的です。トラストでは、現在のオフィスの原状復帰から移転先の物件探し、オフィスデザインや必要な設備の販売・レンタルなどを一貫して対応することが可能なため、トータルコストを大幅に削減することが可能です。

おすすめ関連記事