社員のモチベーションが成果に直結する!やる気を高める方法とは?

公開日:2021/02/01  最終更新日:2021/02/12

「人が何かをする際の動機づけや目的意識」と訳されるモチベーションは、企業が成果を上げるために欠かせないものです。モチベーションは下がりやすいものですから、経営者などは注意を払い続けなければなりません。そこでこの記事では、モチベーションが下がってしまう原因や、高めるための方法について解説するため、参考にしてください。

社員のモチベーションが下がる原因

社員のモチベーションが下がる原因はさまざまですが、仕事環境に魅力が感じられないということが挙げられます。もう少し具体的に見ていきましょう。

■達成感がない
社員が業務に慣れを感じたころに起こりがちな、モチベーション低下の原因です。毎日を同じことの繰り返しだと感じてしまうと、何のために働いているのかがわからなくなってしまいます。新しい業務を与えることで解決しますが、実際は社員のモチベーションを保ち続けられるような仕事ばかりではありません。

■評価されない
大きな仕事を任されると最初はモチベーションも高まり、やり遂げると達成感もあるのですが、ルーティンワークだと感じ始めると、自分は正当に評価されていないのではないかと感じるようになります。

■対人関係に問題がある
仕事に限らず、社会生活の悩みの多くは人間関係が原因です。上司や同僚とそりが合わなければ、同じ業務を行っていてもモチベーションが下がってしまいます。さらに、取引先と対人関係が上手く築けないことは、とくに営業職においてはプレッシャーにもなりかねません。部署や職務を変えるというのが主な対処法になります。

モチベーションを高めることで得られる効果とは?

以上、モチベーションが下がってしまう主な原因を見てきましたが、社員のモチベーションを高めることができたら、企業はどのようなメリットを得られるのでしょうか。

■創造性の向上
モチベーションをつかさどっているのは、主にドーパミンと呼ばれる脳内物質ですが、創造的な仕事をしているときに増加しやすい
というデータがあります。つまりモチベーションが上がれば、創造的な仕事も上手くいくということです。創造性の向上はデザイナーやプログラマー、商品企画といったクリエイティブな仕事だけでなく、営業や生産といった分野でも欠かせないものでしょう。(※参考資料:https://heisei-ikai.or.jp/column/dopamine-benefit/)

■生産性の向上
モチベーションが高まりドーパミンが増えることで、集中力がアップする
というデータもあります。ミスの低下が見込めますし、動作も機敏になるといいますから作業の効率もよくなることでしょう。また効率を上げる効果も期待できるため、社員の創造性も高まります。つまりモチベーションの向上は、生産性の向上に直結しているのです。

■コミュニケーションの向上
モチベーションの高まりはポジティブな感情を引き起こしますから、人と関係性を築くことを煩雑だと感じにくくなる
でしょう。社員間のコミュニケーションが向上しますから、風通しのよい組織になりますし、互いに刺激をしあうことも増えるでしょう。モチベーションの向上は、会社自体の活性化につながります。

■会社に愛着心がわく
社員のモチベーションが高い会社はプラスのエネルギーに満ちますから、できるだけ長く勤めたいと思うもの
です。会社に対する愛着心が高まりますから、給与など待遇面での不満が少なくなり、離職率も低くなるでしょう。そのような会社で働いてみたいと多くの方が考えるでしょうから、リクルーティングにおいても有利に働くと予想されます。

社員のモチベーションを高める方法

上の項目でも軽く触れていますが、モチベーションが下がった場合の対策は簡単ではありません。ここではもう少し現実的な、モチベーションの高め方について考えましょう。

■自身のモチベーションを高める
最も簡単な方法は社員の上に立っている、自分のモチベーションを高めることです。上に立つ人間が楽しそうに働いていなければ、社員のモチベーションは上がりにくいでしょう。

■社員を折に触れてほめる
達成感のなさや評価の低さを感じている社員でも、成果を出した際には上司が社員の努力を認めれば、状態も変わるでしょう。

■社員教育を行う
社員に自身の将来像をイメージさせたり、明確な目標を持たせたりすることは、モチベーションを高めるのに大いに役立ちます。上司によるOJTも有効ですが、高い効果を望むなら外部機関のOFFJTに参加してもらうのもよいでしょう。

 

最後になりましたが、モチベーションを上げる手段として忘れてはならないのが、オフィスを一新することです。環境を変えることは、社員のモチベーションを左右するでしょう。つまり上司がモチベーションを高くもち、社員教育にも取り組む一方、オフィスをデザイン会社と相談しながら一新すると、社員のモチベーションにもよい効果をもたらすことが期待できます。オフィスデザイン会社はそれぞれ、労働環境から社員のモチベーションを上げるための方法を知っているのです。

おすすめ関連記事